<プリンタートナー比較!おすすめサイトランキング>プリンタートナーについて解説しているお役立ち情報サイト

TOP > プリンタートナーの豆知識 > 業務用などのプリンターにはトナーが必要です

業務用などのプリンターにはトナーが必要です

 業務用で使うプリンターにはトナーが使われています。大容量であり、カートリッジによって異なりますがA4サイズで5000枚から20000枚ほどになっています。そのため、業務用としては最適であり、インクジェットに比較して割安という点もあります。そして、今までは白黒が主流でしたが、現在ではカラーも多くなっていて結構きれいに出せるようになっています。ポイントになるのがトナーの種類です。
 基本的には純正品を使ったほうが良いのですが、コストの面から考えるとリサイクルしたものや汎用品を使うことによって費用を抑えることができます。例えば純正品が4万円だとすると、リサイクル品などは2万円前後で購入ができます。そして、リサイクル品ではトナーだけを詰め替えてもらうという方法もでき、この場合だと10000円ほどになるためよりコストダウンとエコに繋がります。


 プリンターのトナーは専門通販ショップで購入しよう

 近年、企業や会社はもちろんのこと、一般家庭においてもパソコンを利用する人は多いのではないでしょうか。そして、パソコンをより便利に利用するためにプリンターを設置している人も多いでしょう。閲覧した情報をプリントアウトして保存したり、写真のプリントや年賀状の印刷など、一台あるとさまざまなシーンで便利に活用することができます。でも、プリンターはトナーがなければ印刷をすることができませんので、いつでも気軽に利用できるよう常備しておきたい消耗品のひとつです。
 最近は、プリンターのトナーを専門に取り扱っているインターネット通販ショップがあり、いつでも手軽に購入できます。品揃えが豊富でさまざまな機種のトナーが用意されているのはもちろんのこと、少しでも安く購入したいと考える人のニーズに応えてリーズナブルな料金で販売されているのも大きな魅力です。納期も最短で届けてくれるので急いでいるときも安心して利用できます。法人、個人どちらにも対応しているので、利用してみると良いでしょう。


 プリンターを買うときは、トナーのことまで考えて

 自宅にパソコンがある人なら、周辺機器としてプリンターが欲しくなるのは当然のことです。カタログを見比べて、お気に入りの一品がみつかったら最後にトナーのことを調べるのを忘れないでください。購入予定のプリンターのトナーの種類と値段は最低限チェックしなければいけません。
 なぜなら、消耗品のことを考えなければいけない製品の場合、購入コストよりもランニングコストが重要な割合を占めていきます。1年、2年、3年と使っていくうちにどれくらいのスパンでトナーを購入し、いくらくらいかかってしまうのかを簡単に試算すればその製品が本当にお買い得なのかどうかを確かめることができます。パソコンの周辺機器は、決して安くない買い物ですからイニシャルコストも大切ですが、日頃から使うものこそランニングコストを意識することが大切です。

次の記事へ

カテゴリー