<プリンタートナー比較!おすすめサイトランキング>プリンタートナーについて解説しているお役立ち情報サイト

TOP > プリンタートナーの豆知識 > プリンターをトナー式にするメリット

プリンターをトナー式にするメリット

一般的なプリンターには、インクジェット式とトナー式があります。それぞれ特徴がありますが、本体などの金額ではインクジェットのほうが安く購入できます。
しかし、ランニングコストからいえば、トナー式のほうが安くなります。そして、業務で使われているプリンターはこちらのタイプが多くなっています。
仕事で使うのであれば、毎日多くのプリントをすることがあり、できるだけ経費を抑えるためにもこちらがメリットがあります。そして、スピードに関してもインクジェットに比べて早く出せます。特に、白黒印刷をするのであれば、品質的にも問題がなくしっかりとした文字でプリントをすることができます。
もちろん、カラーもありますが、インクジェット比べて表現力は若干落ちるものの、プリント後の耐久性が高いという特徴があります。
そのため、普段のプリントはトナー式にして、写真などを出したいときにはインクジェット式にするという使い分けも必要です。


プリンターの維持費を抑えるならリサイクルトナー

現在においてはいろいろな分野やシーンにおいて国際化・グローバル化が進行してきています。
とくにインターネットサービスが普及するとともにこの流れは加速してきています。また自宅に居ながらにして海外とのやり取りが簡単にできますので、個人で副業などのビジネスを行っている人たちもインターネットサービスを活用していることでしょうし、それにはデジタルツールの活用が欠かせないことでしょう。
個人でのサイドビジネスを効率よく行うには、パソコン、スマートフォンやプリンターなどは必要不可欠です。そして副業で利益を上げていくには経費の節減は欠かせません。自宅のインターネット環境に関わる費用の見直しも有効ですし、消耗品の価格を抑えることも必要です。
プリンターに欠かせないトナーもインターネットサイトで安価なリサイクルトナーを購入することもできます。上手に活用することで費用を抑えられますし、利益を上げやすくなることでしょう。


プリンターのリサイクルトナーの特徴

近年は、エコ意識の進化やコストカットの背景から、プリンターのマーケットも少しずつ再利用品が増加しつつあります。
リサイクルトナーは純正と見比べてみてかなり安い金額で 購入出来るのが最も大きいアドバンテージといえます。 しかし、リサイクル品は利用済みを再使用することから、 純正トナーの不具合の率と照らし合わせると少々高いという面があります。
このところのリサイクル製の品質は非常に改善されたというのは確かですが、 当然純正と見比べてみて幾らかは不具合率が高いといえ、 このことがリサイクルトナーのウィークポイントといえます。
しかしながら不具合率がある程度高くても、純正と対比してみて 破格値で手に入れられるので、予備を下準備するなど 不測の不具合に対応しておけばウィークポイントも間に合わせられます。

次の記事へ

カテゴリー