人気の日本酒を通販で手に入れる方法を教えます

日本酒を通販で購入しようと考える時にオススメするのは、蔵元や生産者などの紹介が掲載されているサイトです。蔵元や生産者それぞれの思い入れのある日本酒などを販売されている証拠となる為、安心して購入する事ができます。また、こだわりのある日本酒を売り出している事にもなるので、自分好みの日本酒を見つける事ができます。通販で購入した日本酒をより美味しく飲むコツもあります。スパークリングタイプの日本酒は近年とても人気なのですが、買ったばかりのものは炭酸ガスが活発な為、飲む前日までに購入し、一日冷蔵庫で寝かせます。開栓時は瓶を氷水に浸け、温度変化に注意して少しずつ蓋を緩め、泡が上がってきたら締め、泡が落ち着くのを待つのを繰り返し開封します。また、日本酒全般に使えるコツとして飲む数時間前に開栓しておきましょう。ほどよく味に開きがでてバランスが整い美味しく頂けます。

美味しい日本酒を通販で選ぶ時のポイントとは

日本酒を通販で選ぶ時の方法として、日本酒の味には2種類のタイプがあり、白ワインのような果実のような感じでフルーティー系のような特徴があるものか、米本来の旨味がしっかりと楽しめる穀物系の特徴かに分けられます。これらの分類は価格でもある程度予測ができます。高価な大吟醸はフルーティー系で安価な純米酒は穀物系のような味になります。大体4合瓶の720mlでの価格で、千円台前後のものは穀物系の旨味が強いものが多く、二千円台前後のものはフルーティー系が多いです。三千円台以上のものはフルーティー系や贈答用などの高級品となります。日本酒の価格は原料の米の外側をどれだけ削ったのかという精米歩合との関係が深く、米を削るほど雑味の少ない酒質となり、価格が高価になります。逆に米の削りが少ないものは、米本来のうまみの残る酒質となり価格も安価となります。

日本酒を通販で購入する際のオススメポイントとは

日本酒を通販で購入する際に、生酒や生貯蔵、生詰めなどの記載を見る事があるかと思います。これらは日本酒の劣化を防ぐ為の加熱処理を行う回数やタイミングによって呼称が変わります。一般的な日本酒の場合、貯蔵前と瓶詰め前の2回加熱処理を行います。加熱処理を行わない酒を生酒や本生といい、生のまま貯蔵して瓶詰め前に加熱処理をする酒を生貯蔵酒といいます。生詰めは酒を絞った後に加熱処理をして、瓶詰め前には行わない酒をいいます。酒造期間に製造された酒を加熱処理し夏季に蔵内で熟成させて秋にそのまま瓶詰めした酒をひやおろしと呼びます。銘酒を通販で購入する場合などは、季節ごとの旬の酒も堪能できるサイトを利用する事で、普段では入手できないような季節限定などの日本酒を楽しむ事ができます。