<プリンタートナー比較!おすすめサイトランキング>プリンタートナーについて解説しているお役立ち情報サイト

プリンタートナーとは液状のインクを使用

プリンタートナーとは、インクジェットのインクとは違って、液状のインクを噴射するタイプです。このトナーは部品もかなり大きいものとなっています。業務用のプリンターなどでは、この方タイプのものを使っています。

従来のプリンターと違って、印刷速度がかなり早くなります。インクを噴射することで、一気に印刷することが出来ます。カラーのタイプのあるのですが、かなり高額のプリンターになってきます。家庭で使用しているものはそこまで高度なプリンターではないです。

家で仕事をするというのであればこのタイプの物を使ってみるのも一つの案です。ですが、高速で印刷することが出来るには、この部品もかなり高い金額のする部品となっています。めったに交換をすることもないのですが、交換になると、かなり費用がかかります。ネットでの注文が楽で、便利な注文方法になります。

mita

総合評価
★★★★★
サービス内容
★★★★★
掲載情報量
★★★★★
使いやすさ
★★★★★
満足度
★★★★
公式サイトはコチラ

各種OA用品を取り扱っておりますmitaは、お客様のニーズに合わせた商品をご期待に添えるようご用意しております。特にプリンタートナーにおいては、純正品、輸入純正品、汎用品、再生品の4つのタイプを豊富に取り揃えていますので、ご希望の予算でご購入いただけます。

mitaではトナーの他にも、コピー用紙、インクカートリッジ、ロール紙など多種の用品もご用意しており、お客様のご要望に合わせてお作りすることも可能です。 お気軽にお問い合わせのうえ 是非ご利用ください。

では、プリンタートナーを購入する際のポイントのミニ知識ですが、安価に入手可能なものがリサイクル品です。トナーの詰め替えと劣化した部品の整備を行い再生されています。品質の高さや動作の安定性の高い純正品と比べると必ずしも保証されるものではありません。

トナプロ

総合評価
★★★★
サービス内容
★★★★★
掲載情報量
★★★★★
使いやすさ
★★★★
満足度
★★★★
公式サイトはコチラ

低価格のリサイクルトナーの専門店が、インターネット上に公式サイトを展開しています。トナプロという企業です。インターネットからご購入手続きをとり、送料は日本全国どちらでも無料でお届けにあがりますので、大変な節約になります。

プリンターや複合機などの印刷機器をご使用される個人の方やオフィス担当者さまは、必ず定期的にプリンタートナーを買い替えなくてはいけません。その際にこちらのトナプロでご購入されると、大変な経費節減になります。

また、価格自体もお安く設定しています。安かろう悪かろうではなく、品質も確かです。1年間の保証もありますから、安心してご購入いただけます。操業30年の老舗企業であるという信頼は、企業サポートのプロフェッショナルといっても過言ではありません。ぜひご活用ください。

トナー.jp

総合評価
★★★★
サービス内容
★★★★
掲載情報量
★★★★
使いやすさ
★★★★★
満足度
★★★★
公式サイトはコチラ

プリンターや複合機をご使用されている以上、プリンタートナーも常にご使用されます。一定回数使用したら新しいものに補充しなくてはいけませんので、定期的に購入する必要があります。その際わざわざ店舗まで購入に行かれることは手間暇がかかりますし、またご使用のプリンターなどに対応しているトナーが置いてあるかどうかは分かりません。

その点、トナー.jpでしたら、国内外のプリンターや複合機などを製造・販売しているメーカーのお品はほぼすべてそろっておりますので、お買い求めの際に在庫がないということはありません。インターネットで自社サイトがアップされています。

インターネットで簡単にご購入手続きがとれますので、トナーが不足した時にすぐにお手続きをされたら、すぐにお届することができるということです。印刷機をご使用される方、また企業の担当者様はぜひこちらのサイトの利便性をご確認されることをお勧めします。

サミットオンライン

総合評価
★★★
サービス内容
★★★★
掲載情報量
★★★★
使いやすさ
★★★★
満足度
★★★
公式サイトはコチラ

プリンターの消耗品であるトナーはメーカーが本体価格を低く抑えるために消耗品を割高に設定しているため、適正価格より高く、ランニングコストがかさみます。しかし、純正のプリンタートナーカートリッジに比べ、純正カートリッジを再利用し、再びトナーを充填し販売しているリサイクルトナーが最近注目を集めています。

そんなリサイクルトナーを手がけているのが、サミットオンラインです。現在日本で販売されている多くのメーカーのプリンターに対応したリサイクルトナーを販売しており、しかも、高品質リサイクルトナーを即日発送してもらえます。

一部のリサイクルトナーは品質に問題がある場合もありますが、16年の業界実績があり、しかもリピート率90%を誇る企業だから安心して使用することができます。プリンターのランニングコストを下げたいという個人や企業の方は是非一度試してみる価値があります。

オフィネット

総合評価
★★★
サービス内容
★★★
掲載情報量
★★★★
使いやすさ
★★★
満足度
★★★★
公式サイトはコチラ

プリンタートナーは一見するとどれも似ているように感じられますが、それぞれ対応しているメーカーのプリンター専用の物となっています。プリンターに合わせた物を選ばなければ装着できないため、買い間違いが起こってしまうケースもあります。

そこでオフィネットでは様々なメーカーのトナーを用意した上で、どのメーカーの物かを分かりやすく表示しています。自分の買いたいメーカーのトナーが一目瞭然であるため、極めて買い間違いが起こりにくいといえます。

また、大量に仕入れて販売することによって1つあたりのコストを抑え、リーズナブルな価格を実現しています。ネット通販なのでしっかり商品名を確認しやすく、また買いに行かなくて良いというメリットまであります。

ecoink.in

総合評価
★★★
サービス内容
★★★
掲載情報量
★★★
使いやすさ
★★★★
満足度
★★★★
公式サイトはコチラ

インターネット上には様々な通信販売サイトがあります。専門性の強い販売サイトもあります。たとえばプリンタートナーに特化した販売サイトも複数あります。その中で、プリンタートナーに関してはecoink.inがお勧めです。

ecoink.inは複数のメーカーのプリンターや複合機などのトナーを多種多様に取りそろえていて、サイト内のリストも大変シンプルで閲覧しやすいので、ご希望のものを間違えることなくお買い求めすることができます。

プリンタートナーはメーカーごとに仕様が異なり、大変種類が多くて、ご購入の際に間違えて自分の所有しているプリンターに対応していないものを購入してしまうリスクがあります。しかしこちらのサイトはそのリスクを軽減しているといえるでしょう。まずは公式サイトにアクセスし、内容をご確認いただくことをお勧めします。

プリンター用トナーをネット通販で気軽に購入できる

会社には必ずと言って良いほどプリンターがあり今ではなくてはならない存在となっていますが、それに加えてトナーもないととても困ってしまいます。
ただトナーの場合は製作されたプリンターの会社によって使えるかどうかの違いがあるので、探すのがけっこう厄介で一日中お店を回っても見つけ出すことができない場合もあります。
しかし仕事で忙しい時に何かを見つけ出すためだけのために時間を費やすのはとても勿体無いことなのでどうしたら良いか分からず困ってしまいますが、今ではその心配をする必要は全くないです。
最近ではトナーをネット通販を利用して購入することができるので、わざわざお店に行く必要もなくインターネットを使って気軽に買うことができます。 それによりお店に行く時間を他のことに費やすことができるので、購入する側からしたらこれほど有難いことはないです。


プリンターのトナーはネット通販で安く購入しよう

プリンターのトナーは消耗品ということもあり、できるだけ安い価格で購入したいという気持ちを持つ人が多いのではないでしょうか。そんなときは、プリンターのトナーを専門に取り扱っているオンラインストアを利用すれば、同じ製品でも安い価格で購入できるので活用してみましょう。
もちろん、専門店ならではの豊富な品揃えも魅力的な特長の一つです。さまざまなメーカーのプリンターに対応した製品を幅広く品揃えしていますので、愛用している機種にぴったりのトナーが見つかります。わからないことがある場合は、メールで問い合わせることで疑問を解消できますし、安心して注文することが可能です。もちろん、安い価格でも高品質の製品を提供してくれますし、スピーディーに納品してくれますので、インターネット通販で購入するのが初めての人も気軽に注文できると評判です。ちなみに、オンラインストアを利用するときは、送料無料で対応しているところを選べば、より費用を抑えてお得に購入できます。


プリンターに使われる色材としてのトナー

画像を印刷する際に使われる機器として、プリンターが有ります。
これは、印刷機器の片仮名表記であり、インクを使う場合とトナーを使う場合とがあります。
前者の場合、染料を使う事があります。染料は、水や有機溶剤に溶けますが、印刷をした際にインクトラブルが起こる可能性が在ります。  後者のトナーですが、これは鉱物を微細状にした粉末で顔料が原料となっています。固形の顔料インキ等とされており、顔料は水や人体において有害とされる有機溶剤に溶けない性質を持っています。固形の顔料インキは、静電気を利用して紙に転写をさせて熱で定着させて印刷をするという手法を採用しています。  静電気を使用する事は、粉体塗料での塗装そのものであり有機溶剤は使用をしないので環境に優しいです。
とはいえ、顔料自体、有毒な場合も在りますので、衛生面には注意しなければなりません。因みに印刷機は、1万円以上の価格で家電販売店で販売されています。トナーないし顔料インキに関しては、4千円程度で市販されています。

カテゴリー